デスクトップパソコンなどの詳細やスペックを見ていくと「Core 2 Duo」や「Athlon II X4」と言った表記が見受けられると思います。これはそれぞれ搭載しているCPUのメーカーが違う事を指しており、同一メーカーないでの型番の違いとは全く違います。

IntelとAMD、どちらが優秀なのか

パソコン工房
この2つを比べるのは様々な周辺機器との相性やバランスも重要になってきますし、使用するソフトによっても差が出ます。シェアで言えばインテルが圧倒的に優位ではありますが、価格面などではAMDに軍配が上がります。
特定の分野がそれぞれにはありますが、トータルで見ると実力は拮抗しているため、その差は大きくありません。

ただし、市場に出回っているノートパソコンに限って言えば、インテル製が省電力製や発熱の面で優れており、圧倒的支持を得ているのも事実です。

但し、前述のようにコストパフォーマンスで言えばAMDが優位に立ちます。パソコンを買うときに同等の性能でもAMDを搭載しているマシンの方が安く済みます。安いからと言って決して性能面や壊れやすいというわけではなく、インテル製と何ら変わりなく使用できます。

大きな違いはメモリコントローラーにあり

外観上では大きな違いは見受けられませんが基本的な構造に違いがあります。

Intelはマザーボードにチップセット(メモリコントローラー)をおいています

インテル製のCPUはマシンの基板(マザーボード)にチップセットを内蔵し、メモリコントローラーをおいています。CPUがアクセスする際にはチップセットを通すため、タイムロスが生じると考えられます。しかし、逆に考えるとチップセットも合わせて開発するためトータルでの性能アップや、そのチップセットを使うときには必然的にインテル製のCPUを使うことになるので、シェアアップに一役買ってもいるのです。但しCore i7から、メモリコントローラーはCPU内蔵となりました。

メモリコントローラー内蔵型のAMDはCPUに内蔵している分タイムロスが軽減されます。しかしながら、新しい規格のメモリが発売されたときには当然メモリコントローラーも変えなくてはなりません。当然そのときはCPUも交換となってしまい、コストが掛かります。もっとも通常使っているパソコンのメモリを新規格にすること自体、現在では少なくなってきているので、さほど気にする必要もないようです。
パソコン工房公式サイトへ