BTOとは、顧客の注文を受けてから、製品を生産する受注生産のことを意味します。例えば、パソコンの購入時に顧客の希望を聞き、希望に沿ったスペック、ソフトを組み込んで販売する手法などが例に挙げられます。パソコン工房ではこの生産方法を用い、顧客のニーズにピッタリ合ったPCの販売を行っています。
パソコン工房公式サイトへ

Built To Order

パーツの組み合わせを指定してオリジナルのパソコンを注文することが出来る。パソコン直販メーカーのDell Computer社がこの方式で成功を収めたため、多くの大手コンピュータメーカーがこの方式を採用し始めています。

家電量販店などでは、あらかじめメーカーが決めた能力で生産されたパソコンを、様々な家電販売店の店頭で購入し持ち帰って使用する形式となっています。しかしこの販売方法では、パソコンの性能をいろんな人に合わせたものにする必要がありますし、添付されるソフト類も家計簿ソフトなど、広い用途を考えたものとなってしまい、場合によっては必要ない部品、パーツ類に関してまでお金を払っていることになってしまいます。
しかしBTOパソコンならその問題が解消できます!
「BTO」とは、「BuildToOrder(=受注生産)」の略で、お客様からのご注文を受けた後に製品の生産を行います。BTOの最大の魅力は、パソコンに自分の必要とする機能を組み込んだ「自分専用」のパソコンをオーダーすることができること。自分の注文どおりに出来上がったパソコンは、これまで以上に使いやすく、そして製網も発揮しやすい。マシンになります。

パソコン工房がBTOをオススメするワケ

BTOパソコンの最大の魅力は、仕様の決まった既製品のパソコンと違い、自分の使用目的にあわせて自由自在に構成をカスタマイズできることです。

処理能力を強化する

CPUやグラフィックボードのブレードアップやメモリ容量の向上はパソコンのデータ処理能力や描画処理能力を向上させます。DVD鑑賞やデジカメ画像の編集、グラフィック系のソフトを使う方にお薦めです。

データ保存容量を増やす

ハードディスク容量アップはパソコンのデータ保存量を向上させます。多くの画像、音楽、動画などのファイルをパソコン内に保存したい方にお薦めです。

ソフト・ハードウェアの追加、変更し使い道に合った機能を持たせる。

ビジネスでは必要不可欠な「Microsoft Office」や「TVボード」等のソフト・ハードウェアを追加しておけば、パソコンが到着後すぐに使い始めることが出来ます。

BTOパソコンは購入前に自分自身がカスタマイズすることで、必要とする機能や性能を高めることが可能です。またOSを変更することにより、家庭や仕事などの利用環境にあわせた仕様にすることができます。